美味い物作ってりゃ客が来る?そうかなぁ?

translation 翻译 翻譯 Dịch

飲食店は料理を楽しみに行く場所であり、その料理を囲んでコミュニケーションを取る場所でもあります。

だから美味い物を作っていればお客様は喜んでくれる。楽しんでくれる。また来てくれる。お店が賑わう!そういう思考の料理人を何人も見て来ました。

美味い物を作るのが料理人の仕事。これは間違いないと思います。不味い店には誰も行きたくありません。でもそれだけでは足りないんです。


美味いのボーダー


美味いと感じるボーダーって何だろうと考えことがあります。美味いと感じるには人それぞれの価値観によって違います。今まで食べて来た物が良ければ良い程美味しいの感じるボーダーは高くなり、逆だと低くなります。

開発者側の技術や発想を提案するプロダクトアウト。顧客ニーズに合わせた提案をマーケットインと言います。顧客ニーズに合わせたマーケットインの思考が良いとされていますが、これからの時代はそれでも限界があると思います。

より美味いと感じさせるにはマーケットインの思考は必須条件。そして開発者側の技術や発想も必須条件。プロダクトアウトとマーケットインの二元論自体意味が無い様に思います。

お店のターゲットを認識し、そこに向けて「あなた達こんなの好きでしょ?良いの作ったから」が美味いのボーダーを越える要素になると思います。しかし今の世の中には「美味い物」はどこにでもあります。「美味い物」が飽和状態にあると感じます。


良いものを安くの先は何が残る?


良いものを安く提案するのは悪いことでは無いと思います。でも安く売ればお客様が来る→他の店も価格を下げお客様が散らばる→また下げる→そして業界全体の価格が下がる→儲からない→資本体力の無い店は潰れる。デフレです。こういった流れをずっと続けているのが日本の飲食業界です。安く売れば質も悪くなりやすく、働き手も疲弊するしかありません。


単価を狙いに行くしかない


「そんなに安くないけど行っちゃうんだよなぁあの店」って最強だと思いませんか?行っちゃう理由は様々あると思いますが居心地が良い、オシャレ、店員が好き、近くにある、有名、通りすがり等何かしらの2つ以上に特化させなければなりません。

飲食業界が盛り上がるという事は自分がやりたいことを実現する為に儲かる仕組みを全体が常に思考しているということだと感じます。

2件のコメント

  1. 全く同感です。僕はカナダで飲食やってますが、この内容は国境関係ないですね。スタッフの教育に関する記事はないですか?あったら読みたいです。

    いいね: 1人

    • ご丁寧にコメントありがとうございます。カナダのにいらっしゃる方が見て下さってるとは驚きました。スタッフ教育の記事はまだ書いていませんが書くつもりです。こんな若輩者の戯言にお付き合い頂き申し訳ない限りです。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中