飲食業界にも当てはまる未来のキーワード

translation 翻译 翻譯 Dịch

テクノロジーはとてつもないスピードで進化しています。本当に想像していた未来はすぐそこにあります。第4次産業革命がまさに起きようとしています。


未来のキーワード


5G

通信規格の名称でGはジェネレーション、第5世代の超高速回線です。現行の4Gと比べ100倍以上の通信速度になり情報伝達スピードが格段に上がります。光回線をも越える速度なので制限無ければ固定回線はいらなくなりますね。

飲食業に関係すること
5Gになると4Gではできなかったリアルタイム
の情報伝達によってドローンの遠隔操作が
可能になります。ということは?
ドローンでデリバリーができるんですねぇ!
他にも道路情報の情報がより正確になる為、
車で来店するお客様にとって迂回ルートの
信頼度が飛躍的に上がります。
【5Gとは?】次世代のモバイル通信・5Gをわかりやすく解説!

ブロックチェーン

1つの企業がシステム管理する中央集権ではなく分散型の台帳技術。簡単に言うと「全世界皆で使える台帳」。ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨の中核とも言えるテクノロジーです。

飲食業に関係すること
全世界において銀行を介さず仮想通貨の
低コスト決済が可能になり、インバウンド獲得
がスムーズになります。
低コストの為マイクロペイメント(少額決済)
が期待されています。
ブロックチェーンとは何?
仕組みを超わかりやすく図解【3分で理解】

IoT

パソコンだけで無くインターネットと物を繋ぐIoT(Internet of Things)は生活そのものがより進化します。すでに家電製品や色々な物に導入されています。

飲食業に関係すること
すでに家庭用冷蔵庫はインターネットを繋げる
と賞味期限の表示がスマホで確認できます。
他にもスマートグラスやホロレンズを
使って飲食店をエンターテイメント空間に
することができちゃいます。




IoTをどこよりも簡単に分かりやすく解説するサイト

Microsoft holosens (ホロレンズ)は見ててワクワクしかしない

AI Deep learning

AI のDeep learning(深層学習)機能がやばすぎます。機械が物事の特徴を認識する様になりより正確に、より合理的に物事を判断できる様になります。第4次産業革命の中核の要素です。ビールのアサヒグループホールディングスは製造ラインにAIのテスト運用をはじめると発表しました。

飲食業に関係すること
すでにシリコンバレーでは「食材と食材の組み
合わせ」をインターネット上の情報から考える
キッチネットというAIが開発されています。
まだ知らない未知の料理が生まれるかもしれま
せん。
それに食材ロスの大幅カットも可能です。
何でもできる様になるでしょうね。
ディープラーニングとは何かを図解でわかりやすく解説

まだ現段階では実用化は難しいとされているロボットもすでに目と耳はできました。Amazon創業者兼CEOのジェフ・ベゾスは6/6ラスベガスで開かれたイベントで「物をつかむという問題は10年以内に解決するだろう」と言っています。

ターミネーターの様な物が登場したら怖いですね。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中