ドラゴンクエストウォークで集客を狙うのもあり

翻訳

2019年中にサービス開始となるドラゴンクエストウォーク。スマホのGPS機能を使った位地ゲーですね。昔コロプラって町を作るゲームが流行りました。

https://www.dragonquest.jp/walk/

現実社会を実際に歩きながら進めていく冒険RPGでドラクエ版ポケモンGOの様なゲームです。ランドマークとなる実在の建物がゲーム内に登場する仕様となっています。

6/11からβ版(試用版)の配信が始まり6/5までユーザーの募集をしています。私もしっかり応募しました。2万人までらしいので当選を祈るばかり。

スクエアエニックス公式


過去位地ゲーのイベント経済効果


過去2017年11月に鳥取県で「Pokemon GO Safari Zone in 鳥取砂丘」というイベントが開催されました。内容はレアなキャラクターをGETできるというもの。3日間に渡るイベントはイベント外含み総動員数12万人、約24億円もの経済効果を生みました。(ゲームバカにしてたらあきません)


ドラクエウォークで集客を狙え


過去ポケモンGOの時にも経済効果がありました。実社会を練り歩くという性質上モバイル充電器や虫除けスプレーが売れたそうです。飲食に関連する物も手軽に食べれる物や飲み物の需要が高まりました。

仕様が明らかになっていない為、ドラゴンクエストウォークと実店舗の連動性はまだ見えませんが活用すれば集客効果が見込めると思います。

日本全体がゲームマップとなるため都心部や地方といった隔たりは無いと思います。

スクエアエニックスは本腰を入れています。ドラゴンクエストウォークがヒットすればの話ですが無料ならやらなきゃ損です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中